ポーランド作家の名作とミステリー|ノーベル文学賞受賞作も

ポーランド作家

中央ヨーロッパのポーランドの小説にはどういったものがあるのでしょうか!?

非英語圏のミステリーとして、翻訳小説も少しずつ増えてきています。

そんな、ポーランドの文学、作家、ミステリーなどをまとめています。

ポーランドの作家!? 文学!?

ポーランドの著名な作家とミステリーをご紹介します。

スタニスワフ・レム

スタニスワフ・レムは、ポーランドのルヴフ(現・ウクライナ・リヴィウ)生まれのユダヤ人作家です。

20世紀SF最高の作家の1人と言われています。

2021年に生誕100周年を迎え、レムイヤーと言われています。

代表作に、SFの金字塔的作品とも言われる「ソラリス」などがあります。

他にも、SF系統の「ソラリスの陽のもとに」「砂漠の惑星」「エデン」の3部作やミステリー系統の「天の声・枯草熱」などがあります。

「ソラリス」は、Eテレの名著を紹介する番組「100分de名著」でも取り上げられました。100分de名著のテキストもおすすめです。

 

オルガ・トカルチュク

2018年のノーベル文学賞作家に、オルガ・トカルチュクが選ばれました。

「逃亡派」は、いくつかの短編からなる旅好きにおすすめの小説です。

「昼の家、夜の家」「プラヴィエクとそのほかの時代」などもあります。

「昼の家、夜の家」は、チェコとの国境地帯にある小さな町を舞台に幻想的な物語となっています。

「プラヴィエクとそのほかの時代」は、ポーランドの南西部、国境地帯にある架空の村プラヴィエクを舞台に、人々の生活模様を描いたマジックリアリズム的な小説です。

 

ポーランド文学!?

ポーランド文学の名作として、19世紀中頃のワルシャワを舞台にする「人形」があります。

ポーランドの貴族など、中世の世相がリアルに描かれている小説です。

人形
未知谷
発売日:2017/11/27

第4回 日本翻訳大賞も受賞していて、1冊で1248ページもあります。

 

ポーランドミステリー

他国のミステリー小説の質や量と比べると、ポーランドミステリーは若干、出遅れている感がありました。

そんな中、2017年に翻訳された「怒り」が日本でも好評となりました。

怒り
小学館
発売日:2017/7/6

検察官テオドル・シャツキシリーズです。

各種ミステリーランキングなどでも、常連となっていました。

また、ポーランドミステリーには、最近の本ではありませんが、ポーランド警視庁賞を受賞している「顔に傷のある男」などもあります。


ポーランドミステリー 【あらすじ&レビュー】

2020年2月発売の比較的、新しいポーランドミステリーです。

「あの日に消えたエヴァ」 レミギウシュ・ムルス(著)

あの日に消えたエヴァ4.0

ポーランドの人気No.1作家とのことです。

プロポーズ直後に、目の前でエヴァをレイプされてしまう主人公、その10年後、その時以来、失踪してしまったエヴァを探し回るが!?・・

レビュー

最後まで読んでみると、非常によくできた小説で面白かったです。

エヴァが失踪した謎というより、動機を追いかけるという展開で進みます。

ラスト100ページくらいで衝撃が走ります。

そこからまたひと捻りありますが、どんでん返しというか、覆される感じです。

追う側から追われる側のサスペンスへ、序盤から布石があることに気づく・・

最後まで読むと、緻密なプロットだったとわかる

ネット上の動きをシャッフルし痕跡を消す多重ネットワーク、TOR,オニオンルータや深層ネット(ディープ・ウェブ)などの現状を知り、現代若手作家ならではの記述なども面白かったです。

歴史背景、政治絡み、街描写などは殆どありませんが、ストーリーが面白く読みやすいので、飽きずに短期間で読めます。

ストーリーのみの評価なら、星5つでもいいかな!?と思いました。

 

まとめ

ポーランドでは、年間70万人から100万人の女性が家庭内で暴力を受けているそうです。

また、年間2万人の行方不明者が出るそうです。1日に50人以上がいなくなっているという計算です。

ロシア、ドイツ、チェコと国境を接し、歴史に翻弄されてきたポーランドならではのテーマを扱った小説が多いように感じます。

 

「英国ミステリーなどイギリスの小説」の記事も書いています。

 

「ロシアが舞台の小説」の記事も書いています。

タイトルとURLをコピーしました