映画【小説の神様】キャストや主題歌!?あらすじ!?漫画も紹介

小説の神様

映画「小説の神様」が公開されています。

TikTokで話題の女子高生モデル、莉子(りこりこ)の出演などでも注目されています。

そんな「小説の神様」の公開日とあらすじやキャスト、主題歌などについてまとめてみました。

「小説の神様」とは!? 公開日は!?

「小説の神様」は、小説を題材にした映画です。

ファンタスティック青春ストーリーです。

真っ直ぐで繊細な売れない高校生小説家と秘密を抱えたドSな人気高校生小説家が2人でベストセラーを生み出すために協力します。

「好き」をあきらめずに追求する青春ストーリーとなっています。

公開日は!?

2020年10月2日(金)に公開されています。

映画は当初、2020年5月22日(金)から全国で公開予定でしたが、新型コロナの影響で延期となっていました。

しかし、無事、公開が開始しました。

原作は!?

原作は、相沢沙呼(あいざわ・さこ)著の「小説の神様」です。

相沢沙呼さんは「medium 霊媒探偵城塚翡翠」で、「このミステリーがすごい!2020年版」の国内部門第1位になっています。

「medium 霊媒探偵城塚翡翠」は本屋大賞でも第6位となっています。

今、注目されている売れっ子作家です。

 

「小説の神様」は、漫画(マンガ)化もされています。

2020年6月17日に、第2巻が発売されました。



「小説の神様」のあらすじ

小説の神様の大まかなあらすじを紹介します。

あらすじ

高校生小説家の千谷一也は、中学生で作家デビューするが発表した作品がSNSで酷評され売り上げも振るわない・・

一方、クラスで人気者でヒット作を連発する高校生小説家の小余綾詩凪。

全てが真逆の2人が協力して大ベストセラーを目指すことになる。

そんな性格も状況も真逆の2人が協力するうちに、千谷一也は小余綾詩凪の秘密に気づいてしまう・・・

好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先に、どんな物語が待っているのか!?

先の見えない青春ストーリー

「小説の神様」のキャストは!?

小説の神様のキャストをご紹介します。

主演

  • 千谷一也役 佐藤大樹
  • 小余綾詩凪役 橋本環奈

出演者

  • 九ノ里正樹役 佐藤流司
  • 成瀬綾乃役 柴田杏花
  • 千谷雛子役 莉子
  • 野中役 坂口涼太郎
  • 河埜役 山本未来
  • 千谷昌也役 片岡愛之助
  • 千谷優理子役 和久井映見



「小説の神様」の主題歌は!?

小説の神様の主題歌は、「伶」 の「Call Me Sick」です。

作詞は、「Kaz Kuwamura」です。

「伶」は、ソロデビューとして初の新曲となります。

EXILEの会社LDHの「E-girls」の鷲尾伶菜の曲です。

2010年、女性5人グループ「Flower」が結成され、鷲尾伶菜も所属していました。

しかし、2019年秋、解散して鷲尾伶菜はソロ活動をスタートしました。

その鷲尾伶菜のソロプロジェクトが「伶」です。

 

おわりに

映画「小説の神様」についてまとめました。

この映画には、TikTokで話題となっている女子高生モデルの莉子(りこりこ)さんなどが出演しています。

小説も発売されているので、映画の予習に読んでみてはいかがでしょうか。

 

相沢沙呼(著)「medium 霊媒探偵城塚翡翠」もランクインしている本屋大賞2020の記事も書いています。

タイトルとURLをコピーしました