第13回(2020年)「日本タイトルだけ大賞」が決定!

日本タイトルだけ大賞

第13回「日本タイトルだけ大賞」が決定しました。

秀逸にタイトルの本に与えられる賞として徐々に輪が広がりつつあるイベントとして見逃せないのではないでしょうか。

そんな、「日本タイトルだけ大賞」についてまとめてみました。

「日本タイトルだけ大賞」とは!?

「日本タイトルだけ大賞」は、タイトルが秀逸な書籍を表彰する賞です。

「内容はまったく評価の対象とせず、タイトルが面白い本」

が、一般投票と選考委員会により決定されます。

2009年にスタートし、2020年で13回目の開催となりました。

「一風変わった面白いタイトル」の本に与えられる賞となります。

「笑えるタイトル」や「ぎょっとするタイトル」など、ユニークでユーモア溢れるラインナップとなっています。

回を重ねるごとに知名度も高くなってきていて、口コミなどで輪を広げつつあります。

主催者は!?

作家の山田真哉さん、ブロガーのヨシナガさん、オーディオブック配信を手がけるオトバンクの上田渉さんにより、立ち上げられました。

ノミネート対象作品

ノミネート対象となるのは、2020年中に日本で出版された書籍です。

書籍のジャンルは問わないとのことです。

ノミネート締切

ノミネートの締切は、2020年12月1日(火)でした。

大賞の発表が、2020年12月10日(木) 21時~ ニコ生で公開審査で行なわれました。

第13回 日本タイトルだけ大賞 - ゲスト審査員:夢眠ねむ【日本一面白いタイ...
今年一番“タイトルが”面白かった書籍が決定!夢眠書店 店主の...

第13回(2020年)の大賞受賞作は!?

 

大賞

「あやうく一生懸命生きるところだった」 

ハ・ワン (著), 岡崎 暢子 (翻訳)

 

個人賞

山田真哉賞

「パワー・アントワネット 」

西山 暁之亮 (著), 伊藤 未生 (イラスト)

吉永龍樹賞

「言いにくいことはっきり言うにゃん 」

Jam (著)

上田渉賞

「揚げて炙ってわかるコンピュータのしくみ」

秋田 純一 (著)

 

夢眠ねむ賞

「ありきたりの服を着ているのに、どうして私はおしゃれなんでしょうか?」

のどか (著)

 

読書メーター×gooランキング賞

「あやうく一生懸命生きるところだった 」

ハ・ワン (著), 岡崎 暢子 (翻訳)

 

残念賞

「村上春樹のせいで」

イム キョンソン (著), 渡辺 奈緒子 (翻訳)

 

過去(歴代)の受賞作品!?

12回 2019年 大賞

ゾンビ 対 数学 ― 数学なしでは生き残れない

 

11回 2018年 大賞

砂漠の空から冷凍チキン

 

10回 2019年 大賞

ムー公式 実践・超日常英会話

 

9回 2019年 大賞

パープル式部 1

 

8回 2019年 大賞

やさしく象にふまれたい

 

おわりに

第13回 日本タイトルだけ大賞

「日本タイトルだけ大賞」についてご紹介しました。

書籍に興味を持つ(本に接する)にあたり、面白いタイトルを見つけるというのも1つのきっかけに良いと思います。

「日本タイトルだけ大賞」は、面白い名前の本が見つかる楽しい賞と言えるのではないでしょうか。

こういったネタを探しに本屋や図書館に通うのも楽しいかもしれません。

 

【本屋大賞2021】の受賞作とランキング!? の記事も書いています。

タイトルとURLをコピーしました