第1回(2022年)【警察小説新人賞】受賞作|旧「警察小説大賞」の歴代受賞作も

警察小説大賞

第1回(2022年)警察小説新人賞が決定しました。

旧警察小説大賞が、2022年から「警察小説新人賞」としてリニューアルしました。

そんな、「警察小説新人賞」の受賞作と警察小説大賞の歴代受賞作を掲載。

第1回(2022年)【警察小説新人賞】受賞作

受賞作

 

「泥濘の十手」 麻宮 好(著)

 

最終候補作品
  • 「泥濘の十手」 麻宮 好(著)
  • 「スーサイド・システム」 北川祥二(著)
  • 「県警の守護神 警務部監察課訟務係」 水村 舟(著)


【警察小説大賞】 歴代受賞作

第3回(2021年)受賞作

「転がる検事に苔むさず」 直島 翔(著)

元検察担当の現役記者による検察ミステリー

夏の夜、男が鉄道の高架から落下し車に衝突する。男のロッカーから見つかる麻薬と金。死んだ男は一体何者なのか!?・・

 

最終候補作品
  • 「警察孤児」天野行隆
  • 「ドリフト」竹中篤通
  • 「転がる検事に苔むさず」直島翔
  • 「黄金の土地」水原徹

 

第2回(2020年)受賞作

「対極」 鬼田 隆治 (著)

対極
小学館
発売日:2020/7/29

SAT(特殊急襲部隊)とSIT(特殊犯捜査係)という2つの特殊部隊が警視庁には存在する。

指揮系統は違えど、現場を同じくすることも多い。

衝突しながらも謎のテロ集団と対峙するが!?・・

 

最終候補作品
  • 「小学生刑事」 伊藤 尋也 (著)
  • 「対極」 鬼田 隆治
  • 「実験都市」 先川 祐介
  • 「母親には向かない職業」 芳野 林五

 

第1回(2019年)受賞作

「ゴースト アンド ポリス GAP」 佐野 晶 (著)

神奈川県辻堂にある鳩裏交番は、自主的窓際警官(ごんぞう)ばかりが集まった交番。

ホームレスばかりを狙った連続殺人事件の真相に辿りつくが!?・・

 

最終候補作品
  • 「刑事のサツリク」江島周
  • 「GAPゴーストアンドポリス」佐野晶
  • 「暴風域」伊達俊介
  • 「天駆ける狗たちの下で」芳野林五


小学館 《 警察小説大賞 》とは!?

2022年に【第1回】警察小説新人賞が決定しました。

警察小説大賞が2017年に創設されましたが、2022年に「警察小説新人賞」としてフルリニューアルされました。

大手出版社「小学館」が主催していて、広義の警察小説、警察小説に与えられる賞です。

時代を動かす新たな書き手を発掘し、映画化やコミック化へ展開するとのことです。

選考委員は、「震える牛」の相場英雄氏、「教場」シリーズの長岡弘樹氏、「機龍警察」シリーズの月村了衛氏、「流」で直木賞受賞作家の東山彰良氏となっています。

 

「おすすめの警察小説20選」の記事も書いています。

タイトルとURLをコピーしました