【華文ミステリ】おすすめ10冊|中国の推理小説が人気(Novels set in China)

華文ミステリ小説
華文ミステリというジャンルが勢いがあります。

中国(中華)のミステリ小説の評判が高く、翻訳小説も増えています。

そんな、中国作家による華文ミステリ小説をまとめました。

華文ミステリ作家の作品一覧

周 浩暉

最新作「邪悪催眠師」は、2022年8月24日に発売されました。

「死亡通知書 暗黒者」の前日譚です。

邪悪催眠師
ハーパーコリンズ・ジャパン
発売日:2022/8/24

 

「死亡通知書 暗黒者」は、華文ミステリーの最高峰とも言われ、高い評価を受けました。

このミステリがすごい!2021年版【海外部門】第4位

中国でシリーズ累計120万部突破、ドラマ版は24億回再生されています。

 

陳 浩基

華文ミステリの火付け役とも言われている香港警察を取り上げた1冊です。

同じ著者の「ディオゲネス変奏曲」は、「このミステリがすごい!2020版」で第5位にランクインしています。

 

最新作「網内人」は、2020年の各種ミステリランキングでもベスト10入りしています。

網内人
文藝春秋
発売日:2020/9/28

 

陸 秋槎

《本屋大賞》翻訳小説部門第2位にもなっている「雪が白いとき、かつそのときに限り」があります。 中国現代物ミステリです。

2000年以上前の”前漢時代”の中国を扱ったミステリーに「元年春之祭」があります。「このミステリーがすごい! 2019年版」で第4位となっています。

 

最新作に、「文学少女対数学少女」があります。

本格青春ミステリです。全4篇の連作集

 

その他の華文ミステリ

「辮髪のシャーロック・ホームズ 神探福邇の事件簿」 莫理斯 (トレヴァー・モリス)(著)

香港が舞台のミステリ歴史小説

清末の時代に生きた中国人がシャーロック・ホームズで、植民地時代の香港が舞台。

1880年代の香港の描写や歴史もわかるパスティーシュ作品

シャーロック・ホームズ好きにもおすすめの2022年注目の華文ミステリです。

 

「悪童たち」 紫金陳(著)

悪童たち
早川書房
発売日:2021/7/14

ノワールミステリー

次世代中国作家の代表作。2021年夏に発売の華文ミステリーです。

少年少女を主人公に、サスペンスの展開にハラハラしながら読める1冊。

衝撃のラストが待ち受ける!?・・

 

「大唐泥犁獄」 陳漸(著)

唐の時代を舞台にした時代ミステリの傑作

大唐の第二代皇帝に即位した李世民の治世。旅の僧・玄奘と従者の波羅葉は、霍邑県を訪ねた際、県令郭宰の屋敷の女中から「県令夫人を祟る悪鬼を祓ってほしい」と申し出られる。。

しかし、対面後、夫人は「今すぐ霍邑から立ち去れと」言い出す。その夜から相次ぐ怪現象と襲撃がくり返されるが!?・・

 

「黄」 雷 鈞(著)

黄
文藝春秋
発売日:2019/7/24

「このミステリがすごい!2020版」の第16位にランクイン

「中国の孤児院で育ち、ドイツ人富豪の養子になった盲目の青年が、推理力に長けていて、中国文明発祥の地である黄土高原に向かうが…」というあらすじです。



中華ミステリ 【あらすじ&レビュー】

「13・67」 陳 浩基(著)

1367陳浩基
4.0

香港警察ミステリー

華文ミステリの火付け役とも言われ、文春ミステリでは1位を獲得。

2013年〜1967年に現代から過去へさかのぼるような構成になっています。

1967年の反英暴動や香港警察の汚職、天安門事件、97年の香港返還やSARS、2013年の雨傘革命など6つの史実を絡めたミステリ小説です。

レビュー

どの物語もよくできており、面白かったです◎ミステリとしても楽しめました。

短編集のような感じで章ごとに物語が違いますが、主人公を通して全体的には繋がっているという感じです。

短編集ほど物語が短か過ぎず、1つ1つの話がしっかりボリュームもあります。

華文ミステリの先駆けだよ

街描写なども豊富なので、香港に行かれる方はもちろん、香港が好きな人にもおすすめの1冊だと思いました。

 

おわりに

個人的には「北京」を舞台にしたミステリなども探しているのですが、作品が少ないのも事実だそうです。

表現に制約があるためだそうで、例えば「探偵」などのワードもNGというのを読んだことがあります。

そんな中、多くはありませんが中華圏の翻訳ミステリは貴重とも言えるのではないでしょうか。

 

【台湾が舞台の小説】もまとめています。

 

「韓国文学ブーム」翻訳小説が増えてきています。

タイトルとURLをコピーしました