アイルランドが舞台の小説|アイリッシュミステリ(Novels set in Ireland)

アイルランド小説

イギリスの西部に位置し、北大西洋のアイルランド島の大半を占めるアイルランドのミステリ小説などを掲載しています。

首都ダブリンの街や風光明媚な地方の景色描写などの豊富な小説が多くあります。

アイルランドの作家、舞台となっている小説から評判の良い本をまとめています。

アイルランドが舞台の小説

アイリッシュミステリ

「捜索者」 タナ・フレンチ(著)

捜索者
早川書房
発売日:2022/4/5

アイルランドの情景を描く重厚なミステリ

アイルランドの村に移住してきた元警官が消えた青年を捜すが!?・・

エドガー賞の新人賞を受賞したことのある作家の最新作です。

風景や動物描写など、情景が浮かぶような小説です。

他の作品に、AXNでドラマ化もされている「悪意の森」などもあります。

 

「平凡すぎて殺される」 クイーム・マクドネル(著)

アイルランド・ダブリン3部作の第一作目

コメディアンの著者らしく、笑いありのドタバタサスペンス。

平凡な顔をした28歳のポールは、人違いがきっかけで命を狙われる。逃げながら誘拐事件の真相を探るが!?・・

 

「56日間」 キャサリン・R・ハワード(著)

アイルランド人作家によるコロナ渦サスペンス

ダブリン市内の集合住宅で男性の死体が見つかる。。遡ること56日。独身女性キアラは、謎めいた男性オリヴァーと出会っていた・・

遺体発見の現在と過去の日々が交互に描かれるアイリッシュミステリ。

 

「修道女フィデルマの采配」 ピーター・トレメイン(著)

修道女フィデルマシリーズの最新作

日本オリジナル短編集第5弾

アイルランドの各地を巡り事件を解決するフィデルマ。イギリス併合時代前の6世紀頃の時代を背景に宗教、文化など勉強にもなる1冊。

 

アイルランド沖の孤島

「ゲストリスト」 ルーシー・フォーリー(著)

アイルランド沖の孤島が舞台のミステリ

湿地と泥炭に覆われた孤島で結婚式が開かれる。

誰もが憧れるカップルへの祝福の裏には様々な思惑が潜んでいた・・

 

アイルランド文学

「星のせいにして」 エマ・ドナヒュー(著)

星のせいにして
河出書房新社
発売日:2021/11/25

第2回(2022年)みんなのつぶやき文学賞【海外編】第4位

1918年アイルランド、ダブリン

第一次世界大戦とスペイン風邪を背景に、妊婦を前にした医師、看護師、ボランティアは生命の尊厳を守るため闘うーー

 

「ブッチャー・ボーイ」 パトリック・マッケイブ(著)

1992年ブッカー賞 最終候補作

20世紀アイルランド文学の問題作にして傑作

ライ麦畑×時計仕掛けのオレンジ!?

 

「ケルト人の夢」 マリオ・バルガス=リョサ(著)

ノーベル文学賞作家の一大叙事詩

アイルランド独立運動に身を捧げたロジャー・ケイスメント。

1916年、大英帝国の外交官だった男は死刑にされるが、植民地主義の恐怖を暴いた英雄であった。。

フィクションと事実がおりなす物語。



「捜索者」【あらすじ&レビュー】

捜索者3.5

シカゴ警察を退職した主人公は、アイルランドの西部の田舎に移住する。

ある日、子供が訪ねてきて「行方不明の兄を探して欲しい」と頼まれる。

失踪の原因がわかるようになるうちに、村の暗部が見えてくるが!?・・

レビュー

アイルランド西部の田舎の情景が浮かぶような小説でした。

風景、動物描写が所どころに差し込まれていて、自然を感じられました。

ただ、ミステリとしては少し弱いのと、690ページという長編のページ数の割には展開が乏しく、冗長に感じる人もいるかも!?と思いました。

謎解きやミステリとしてではなく、小説として気長に楽しむのが良いのかもしれません。

自分はある程度、評判を見てから期待して読んだのですが、ちょっと評価が高すぎるかな!?とも思いました。

 

まとめ

2022年周辺に発売、話題となっているアイルランド作家or舞台となっている小説をまとめました。

アイルランドミステリも評判の良い小説が多いので、是非、読まれてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました