【ディストピア小説10選】近未来世界を描いたSF物語

ディストピア小説

ディストピア小説と呼ばれるジャンルの小説を10選で掲載しています。

ジョージ・オーウェルやカズオ・イシグロ、ウィリアム・ゴールディング、レイ・ブラッドベリなどの名作が多くあります。

近未来社会を舞台にしたSF小説としても、現代社会への批判としても楽しめるジャンルの小説です。

ディストピア小説とは!?

ディストピア(デストピア)の語源は、「悪い、困難な」を意味します。

ディストピア小説は、反自由的な社会否定的・反人間的な表現が多く、独裁や全体主義などの世界観が設定される傾向にあります。

近未来社会が批判的なSFで、現実批判などが底流に一貫しています。

ディストピア(英: dystopia)または逆ユートピア(英: anti-utopia)は、反理想郷・暗黒世界[1]、またはそのような世界を描いた作品[1]。

引用:Wikipediaより~

反ユートピアというと分かりやすいかもしれません。ダークファンタジーなどの分野も含まれるとのことです。



【ディストピア小説】一覧

「一九八四年」 ジョージ・オーウェル(著)

20世紀世界文学の最高傑作

ディストピア小説、代表的作品の不朽の名作。

全体主義的近未来。「ビッグ・ブラザー」の党が支配する世界で、体制に不満を抱きつつも歴史の改竄を仕事にするウィンストン・スミス。ある時、美女のジュリアと恋に落ちたことを契機に、反政府地下活動に惹かれていくが!?・・

 

「すばらしい新世界」 オルダス・ハクスリー(著)

全てのディストピア小説の源流にして不朽の名作

2049年の最終戦争後、暴力を排除し「共生・個性・安定」をスローガンとする世界が形成される。。人間は受精卵の段階から瓶の中で培養され、5つの階級に分けられ管理・区別される。平和な安定史上主義の世界に、未開社会から来たジョンが起こす騒動により世界の矛盾が明らかに!?・・

 

「われら」 エヴゲーニイ・ザミャーチン(著)

ロシアのディストピア小説の先駆的名作

自由や個性が凍結された「単一国」に統治された世界。監視下に置かれながら生活する人々は、わたし(個人)はなく、われら(全体の一部)でしかない。自由時間以外は同一の日課を過ごす。。しかし、主人公はある女性と恋に落ち、個としての葛藤に気づく・・

 

「蠅の王」 ウィリアム・ゴールディング(著)

蠅の王
早川書房
発売日:2017/4/20

ノーベル文学賞作家の代表作

近未来の戦時下、少年達を乗せた飛行機が南太平洋の無人島に不時着する。。生き残った少年達は助けを待つことに決めるが、救援はなかなか来ない・・  暗闇に潜むという”獣”に恐怖を感じながら、彼らは互いに牙をむき始め!?・・

21世紀版「15少年漂流記!?」とも言われる作品。

 

「わたしを離さないで」 カズオ・イシグロ(著)

ノーベル文学賞作家によるダークファンタジー

メタファー(暗喩)を含んだディストピア文学。

介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムでは、奇妙な日々が思い起こされる。。親友のトミーやルースも「提供者」で、彼女の回想は次第にへールシャムの残酷な真実が明らかになっていくが!?--

 

「華氏451度」 レイ・ブラッドベリ(著)

華氏451度
早川書房
発売日:2014/4/24

「火星年代記」などSFの巨匠によるディストピア小説

読書が有害とされ、本が禁制品となっている全体主義的な近未来社会。考えること、記憶することを放棄している人々。。主人公のモンターグは、書物を焼き尽くす昇火士(ファイアマン)のひとりとして活動するが、1人の少女と出会い彼の人生が変わっていく!?ーー

 

「献灯使」 多和田 葉子(著)

全米図書賞(翻訳文学部門)受賞作

芥川賞やドイツのクライスト賞など多くの賞を受賞している著者による全5編からなる近未来小説集

震災後文学の頂点とも言われるディストピア小説

大災厄により、自動車もインターネットも外来語もなくなった鎖国状態の日本。。子供は学校に通う体力も無く、義郎は曾孫の無名が心配でならない。そんな無名が「献灯使」として日本から旅立つ運命に!?・・

日本人の全米図書賞の受賞は、1982年の「万葉集」、樋口一葉「たけくらべ」以来、36年ぶりの快挙となっています。

 

「侍女の物語」 マーガレット・アトウッド(著)

アーサー・C・クラーク賞受賞作

自由を奪われた近未来社会の人々を描くディストピア文学

ギレアデ共和国の侍女オブフレッドは、配属先の邸宅の主の司令官の子を産むことが役目。しかし、彼女は夫や娘と暮らしていた時代が忘れられない・・ 監視と処刑の恐怖に怯えながら逃亡の道を探す彼女に光が差し込むが!?・・

 

「侍女の物語」の続篇「誓願」も2019年ブッカー賞受賞の傑作です。

誓願
早川書房
発売日:2020/10/1

 

「消滅世界」 村田 沙耶香(著)

消滅世界
河出書房新社
発売日:2018/7/5

「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した著者のディストピア小説

「コンビニ人間」は、本屋大賞も受賞しています。

夫婦間の性行為が「近親相姦」としてタブー視されている近未来。。「セックス」が存在せず、人工授精で子供を産むことが定着している世界。。両親が愛し合った末に生まれた雨音は母親に嫌悪を抱きながらも夫と実験都市・楽園(エデン)に移住するが!?・・

 

「サハマンション」 チョ・ナムジュ(著)

「82年生まれ、キム・ジヨン」著者の最新長編

韓国小説のディストピア文学

「82年生まれ、キム・ジヨン」は、韓国で136万部、日本でも23万部突破のベストセラーとなりました。

超格差社会「タウン」最下層に位置する人々が住むサハマンション。。少数者、非主流と呼ばれる人々。蜜入国者、老人、性少数者、障害者など、底辺で助け合いユートピアを模索することは可能なのか!?・・

 

「グレイス・イヤー 少女たちの聖域」 キム・リゲット(著)

「侍女の物語」×「蠅の王」のポスト・ディストピア小説

16歳の全ての少女達は”魔力”があると信じられているガーナー郡。16歳になるとガーナー外に広がる森の奥のキャンプに追放される。。この風習について語ることは禁じられている・・ 16歳を迎えるティアニーが謎に包まれた通過儀礼<グレイス・イヤー>のサバイバルの果てに見た物とは!?・・



まとめ

中には、難解と思われるディストピア小説もあります。

そんな小説を解説してくれるEテレの番組「100分de名著」がテキストも販売しています。

名著などを紐解いて再読しても面白いかもしれません。

Eテレの名作解説番組「100分de名著」のテキスト一覧
Eテレの番組「100分de名著」の作品が100作品を迎えます...

 

 

タイトルとURLをコピーしました