【カナダが舞台の小説5冊】BC州、アルバータ州、トロント

カナダ作家小説

バンクーバー、トロントなど都市とロッキー山脈などの大自然も多い国。

ブリティッシュ・コロンビア州、オンタリオ州、アルバータ州の小説。

カナダ作家、カナダが舞台の小説をまとめています。

カナダ作家の作品

「昏き目の暗殺者」 マーガレット・アトウッド(著)

[2000年] 英ブッカー賞 受賞作

[2000年] ハメット賞 受賞作

現代カナダ文学を代表する作家の傑作

老女の回想によるある一族の歴史。

1945年、カナダのある地方で、妹のローラは車ごと橋から転落して死んだ。。姉アイリスは、家族の歴史と姉妹のことを振り返っていく・・

20世紀カナダの通年史的な要素も含みつつ。

 

マーガレット・アトウッドは、カナダ総督文学賞を受賞しているディストピア小説「侍女の物語」で有名です。

2019年には、その後を描いた「誓願」2度目のブッカー賞を受賞

 

「ライオンの皮をまとって」 マイケル・オンダーチェ(著)

ゴールデン・ブッカー賞(50周年ブッカー賞の最優秀作品)受賞作家

1930年代、トロント。ドライブ中に男が若い娘に語る。都市化されるトロント、移民労働者達の変化、失踪する大金持ち。。パトリックが語る「官能」と「労働」の物語。美しい情景描写も。

1992年「イギリス人の仕事」(映画「イングリッシュ・ペイシェント」)でブッカー賞を受賞したオンダーチェは、スリランカ生まれですが、カナダに移住し市民権を得る。

 

「善き女の愛」 アリス・マンロー(著)

ノーベル文学賞作家による8つの短編集

短編の巨匠とも言われる作家の描く人の営み。金字塔的作品集

オンタリオ州の小さな村はずれ「善き女の愛」やブリティッシュコロンビア州の「コルテス島」など..

カナダの小さな町を舞台に描いた作品の多い作家です。

 

「小さな家々の村:カナダ北の大地の思い出」 イアン・ファーガソン(著)

[2004年] スティーブン・リーコック・ユーモア賞 受賞作

カナダベストセラー作家の自伝的サバイバル文学

父子2代にわたる先住民との交流、友情、別れを綴った自伝風物語。

カナダ北部アルバータ州(カナダで史上最低気温、摂氏零下61度を記録したことのある地域)。著者が生まれ育った村での思い出。

 

「赤の自伝」 アン・カーソン(著)

赤の自伝
書肆侃侃房
発売日:2022/9/14

スティーブン・リーコック・ユーモア賞 受賞作

小説と詩のハイブリッド形式

ノーベル文学賞の最有力と言われるカナダの詩人による「BL風2次創作」

古代ギリシャ人が描いた英雄ヘラクレスと怪物ゲリュオンの神話。そのゲリュオンの物語がロマンスとなって現代に蘇る!?・・

 

おわりに

カナダが舞台の小説をまとめました。

カナダ文学のみならず、世界的にも有名なマーガレット・アトウッドやマイケル・オンダーチェの作品は特におすすめではないかと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました