【2023年最新】国内ミステリの新刊と発売日

国内ミステリ2023

《2023年版 国内ミステリ作家の新刊情報》

2023年の国内ミステリ新刊をまとめています。

このミステリがすごい!大賞の大賞受賞作など、話題のミステリが発売。

1月発売作品

「名探偵のままでいて」 小西 マサテル(著)

第21回(2023年)「このミステリーがすごい!大賞」大賞 受賞作

不可能犯罪に挑む老人の名推理。

71歳の祖父は小体型認知症を患い、介護を受けながら暮らしていた。しかし、小学校教師の孫娘・楓の身の周りで起きた謎を聞くと生き生きとしてくる。そんな折、楓の人生に関わる重大な事件が!?・・

 

「祝祭のハングマン」 中山 七里(著)

「特殊清掃人」で話題を呼んでいる著者の最新作

父と暮らす警視庁捜査一課の瑠衣。ある日、父が工事現場で亡くなる。。事故ではなく、会社に利用された挙句、殺されたのではないか・・ 社長に怒りを覚える瑠衣の前に、私立探偵が現れるが!?・・

 

「魔王」 伊坂 幸太郎(著)

魔王
講談社
発売日:2023/1/17

エンタメ小説の巨匠・伊坂 幸太郎の最新作

中篇2作の兄弟の物語。

弟と2人暮らしの会社員、安藤。会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じた言葉を、必ず相手が口に出すことに気づく。そして1人の男に近づいていくが・・同居する弟は不穏に感じ!?・・

 

「カケラ」 湊 かなえ(著)

美容外科医が真実を追うコージーミステリ

日本推理作家協会賞、本屋大賞など、数々の賞を受賞してきた作家・湊 かなえの最新作

美容外科医の橘久乃は、幼馴染みから「痩せたい・・」と相談を受ける。カウンセリング中に同級生・横網八重子の思い出や娘の自殺の情報が出てくる。。少女の死をめぐり、人々の証言は食い違うが!?・・

 

「大江戸奇巌城」 芦辺 拓(著)

2022年「大鞠家殺人事件」日本推理作家協会賞や本格ミステリ大賞を受賞した著者の最新作

時代劇小説

徳川12代将軍・家慶の治世。江戸情緒、バトル、追跡、少女達の深い友情、謎解きありのてんこ盛りで、注目の1冊です。

 

「濱地健三郎の幽たる事件簿」 有栖川 有栖(著)

2022年「捜査線上の夕映え」このミス【国内編】第3位の巨匠の新刊

7篇を収録したシリーズ第2弾。

年齢不詳の探偵・濱地健三郎。幽霊を視る能力も持ち合わせる彼は、様々な事件を推理していくーー

 

「優莉結衣 高校事変 劃篇」 松岡 圭祐(著)

「高校事変」シリーズ初のスピン・オフ

JKの生き様を描いたバイオレンス・アクション

史上最強の女子高生、優莉結衣。ホンジュラスでの死闘の後、北朝鮮にいた。長男・架祷斗との最終決戦を前に、衝撃の新事実が明らかに!?・・

「万能鑑定士Q」シリーズでも知られる著者の最新作です。

 

「過ぎる十七の春」 小野 不由美(著)

本格ホラー

17歳の2人の少年達をつなぐ運命とは!?--

運命の春が来る。隆の住む家を訪れた直樹と典子の兄妹。桃源郷のような場所で、何故か隆は母親の美紀子に対し冷淡な態度をとってしまう。。母子に何があったのか!?「あの女が、迎えに来る・・」毎夜、部屋を訪れる何者かの気配にいらだつ隆・・

 

「令和その他のレイワにおける健全な反逆に関する架空六法」 新川 帆立(著)

「元彼の遺言状」(2021年このミステリがすごい!大賞)著者の新刊

リーガルSF短篇集

令和反逆六法と言われる6つの架空法律で、現行法に対するアンチテーゼ。

「動物虐待の防止等に関する法律」「酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達(通称:どぶろく通達)」「南極条約の取扱いに関する議定書(通称:南極議定書)」「労働者保護法」「通貨の単位及び電子決済等に関する法律(通称:電子通貨法)」「健全な麻雀賭博に関する法律(通称:健雀法)」の6つの物語。



2月発売の作品

「罪深き海辺」 大沢 在昌(著)

ハードボイルド小説「新宿鮫」で知られる著者の最新作

傑作サスペンス

大地主の寄付金でうるおう海辺の街に、遺産相続人が突如現れる。。暴力団の抗争や企業の陰謀がうずまく中、真の悪は!?・・

 

「ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 VIII 太宰治にグッド・バイ」  松岡 圭祐(著)

「高校事変シリーズ」で知られる著者の最新作

人気のビブリオミステリシリーズ最新作

太宰治の遺書とみられる文書が、75年ぶりに発見される。筆跡鑑定が進められるが、真贋判定の直前に鑑定人が不審死する。。太宰の遺書と事件には関連性が!?遺書は本物なのか!?・・

 

おわりに

2月以降も随時、新刊情報を更新していきます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました