【2023年発売】巨匠作家の新刊・新訳一覧|海外文学の小説

2023年有名作家新刊

2023年に発売される新刊から、有名作家の注目作品をまとめています。

ノーベル賞作家ナギーブ・マフフーズやドストエフスキーなど。

世界文学の翻訳小説の新刊・新訳の発売日を掲載しています。

1月発売の新刊

「無条件降伏:誉れの剣Ⅲ」 イーヴリン・ウォー(著)

戦争文学の金字塔《誉れの剣》3部作の最終章

戦争の醜さ、滑稽さを描いた傑作。

ガイ・クラウチバック大尉は、激戦地クレタ島脱出後、ロンドンで無為な日々をおくっていた。戦友達が戦地に向かう中、年齢を理由にとり残されたガイは大義を見失いつつあったが!?・・

「つわものども」「士官たちと紳士たち 」に続く最終巻

 

「未成年 3」 フョードル・ドストエフスキー(著)

3部作からなる完結篇

20歳の青年アルカージーの成長の記録。父母と無縁に人生を切り開いてきた彼の目の前に、謎だらけの父親が突然現れる!?・・ 実父ヴェルシーロフとの熱く長い会話。。



2月発売の新刊

「ミダック横町」 ナギーブ・マフフーズ(著)

[1988年] アラブ圏初のノーベル文学賞作家となった作家の初訳

1940年代のエジプト・カイロの下町に生きる人々を描いた小説。

過ぎ去りし時代の偉大なる遺産と言われる下町、ミダック横丁。

エジプトを舞台にしたカイロ3部作「張り出し窓の街」も有名です。

 

「すべての、白いものたちの」 ハン・ガン(著)

アジア唯一のブッカー賞受賞の韓国作家の代表作

ワルシャワと朝鮮半島をむすぶ、はかなくも偉大ないのちの物語。

Twitter文学賞2020で第5位になった「回復する人間」「菜食主義者」の作品で知られる作家です。

 

「影の王」 マアザ・メンギステ(著)

影の王
早川書房
発売日:2023/2/21

エチオピア人作家によるエチオピアの女性兵士達の物語

1935年、エチオピア。孤児になった少女ヒルトは、将軍の家にお手伝いとして匿われる。そんな折、ムッソリーニ率いるイタリア軍の侵攻の足音が近づいてきて!?・・

 

「無垢なる聖人」 ミゲル・デリーベス(著)

20世紀のスペインを代表する作家ナダル賞受賞作家の最新作

農園主と労働者達の生きる姿を描く名作。

1960年代スペイン。スペイン南西エストレマドゥーラの大農園で認知症を患ったアサリアスは、義弟の家へやっかいになる。その義弟が事故で足を骨折してしまう。。アサリアスは義弟のかわりに主人の狩りのお供をするが!?・・

 

タイトルとURLをコピーしました