【チェスがテーマの小説】と関連書籍

チェス

チェス関連の本をまとめています。

Netflix(ネットフリックス)では、オリジナルドラマの「クイーンズ・ギャンビット」などもヒットしました。

小説をテーマにしたブログなので、チェス絡みの小説(ミステリ)を多めに掲載しています。

チェスをテーマにした小説(ミステリ中心)

「ディフェンス」 ウラジミール・ナボコフ(著)

ディフェンス
河出書房新社
発売日:2008/9/19

ロシアの文豪ナボコフの傑作で、最高のチェス小説と言われています。

天才チェスプレイヤーが狂気と破滅へと追いやられていく孤高の物語

 

「猫を抱いて象と泳ぐ」 小川 洋子(著)

繊細な文章、優しい文体。

「博士の愛した数式」著者によるチェス関連の小説

チェスの対戦で、棋譜は芸術のように美しく。チェスの思考の海へ・・

成長を恐れ、11歳のまま身体の成長を止めた少年は、チェス台の下でからくり人形「リトル・アリョーヒン」を操りチェスをさす。。

 

「鏡の国のアリス」 ルイス・キャロル(著)

チェスを物語に織り込んだ傑作ファンタジー

世界中で読み継がれる「不思議の国のアリス」の著者による作品。

※ あとがきにチェスのルールの説明あり

鏡の国を彷徨っていると、次々に不思議な住民が現れて・・チェスの国に迷い込む・・アリスはまた奇妙な冒険に飛び込むーー

 

「チェス盤の少女」 サム・ロイド(著)

ミステリーサスペンス

頭脳明晰で天才少女の主人公。チェスの少年少女全英大会に出場の際に突然、何者かに拉致される。誘拐され、監禁されるおり、頭の中で「チェス盤」を敷いて部屋の空間を把握しようとするが・・脱出の糸口はあるのか!?

 

「チェスプレイヤーの密室」 エラリー・クイーン(著)

エラリー・クイーンファンならずとも楽しめる本格ミステリ

チェスのシーンも出てきます。

父親の自殺によって遺産を手にする主人公。しかし、父親は本当に自殺だったのか!?・・ 現場は完全な密室状態だったというが、殺人を証明するためには密室を破らなくてはいけないが・・



チェス関連の本

「完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯」 フランク・ブレイディー(著)

チェスの世界チャンピオン「ボビー・フィッシャー」の生涯を描いた自伝

東西冷戦下、国家の威信をかけソ連をやぶり、世界の頂点に立った男の波乱万丈な人生。

FBIやKGBのファイルを発掘して描く、アメリカの神童の生涯。。

 

「新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門」 ボビー・フィッシャー(著)

チェス入門の決定版

世界チャンピオン「ボビー・フィッシャー」によるチェスの指南書。

初心者から上級者まで

 

「謎のチェス指し人形<ターク>」 トム・スタンデージ(著)

1770年、ウィーンで披露された世界第一級のチェスの指し手ロボット、通称「ターク(トルコ人)」

チェスチャンピオンを負かし、ナポレオンやエカテリーナ女帝をも驚かせたロボットの辿る歴史。

チェス対戦の出来るロボット「タークの正体とは!?」

 

「シャーロック・ホームズのチェスミステリー」 レイモンド・スマリヤン(著)

シャーロック・ホームズをネタにしたチェス・プロブレム

チェスの盤上に残された手がかりを元に、そのゲームの過去を暴く。

チェスの盤上をホームズの推理に見立て・・

シャーロッキアンも楽しめる1冊。

 

「アラビアン・ナイトのチェスミステリー」: スマリヤンの逆向き解析問題集 レイモンド・スマリヤン(著)

チェスミステリ第2弾。チェスの盤と駒で問題が50問収録

チェスの駒をアラビアン・ナイトの登場人物に見立て・・

アラビアン・ナイトの世界で起こる事件がチェス・プロブレムとして出題されています。

 

「マンガで覚える図解チェスの基本 」 小島 慎也(監修)

ペーパーチェス盤&駒付き

チェスのルールをマンガと図解でわかりやすく解説。

ふりがな付きで大人はもちろん、小学生にもおすすめ。

 

まとめ

「チェス」絡みの本についてまとめました。

ミステリとチェスをかけ合わせた謎解きミステリなども人気です。

チェスに興味のある方は読まれてみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました