芥川賞と直木賞の違いは!?それぞれの特徴を解説

直木賞芥川賞違い

毎年、発表される栄えある本(小説)の賞である芥川賞と直木賞は何が違うのでしょうか!?

芥川賞と直木賞の違いについてまとめてみました。

似ているようで全く違う、芥川賞と直木賞にはそれぞれの特徴があります。

芥川賞・直木賞って何!?

芥川賞・直木賞は、日本の歴史ある文学賞です。

芥川賞の正式名称は「芥川龍之介賞」です。

直木賞の正式名称は「直木三十五賞」です。

芥川賞・直木賞のはじまりは、1935年、文藝春秋社社長の菊池寛が作家である芥川龍之介と直木三十五の実績を称え、文学賞を作ったことにあります。

文藝春秋社を創設した菊池寛の「日本にも権威のある文学賞を作りたい」という思いからはじまったと言われています。


芥川賞と直木賞の違いとは!?

芥川賞と直木賞には、対象としている小説に違いがあります。

芥川賞!?
芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞となっています。

純文学は、定義では「娯楽」よりも「芸術性」に重きを置いている小説の総称とのことです。

しかし、実際の大方の解釈では、作家による創作物(取材などによる実社会より架空の物語)というふうに捉えている人が多いのではないでしょうか。

直木賞!?
直木賞は、無名・新人及び中堅作家による(ただし、現在は下記のとおり、このカテゴライズは実質上、無効化している)大衆小説作品に与えられる文学賞となっています。

どちらも、文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与されます。

両方の賞をとるということは無いそうです。

どちらか1つの賞をとると、次回からは候補作品から外れてしまいます。

同じ時期に発表されるけど、全然違うね!

このように、芥川賞と直木賞は同じ本の文学賞でありながら、住み分けが出来ているので、比較できないものとなっています。

 

まとめ

芥川賞と直木賞の違いについてまとめました。

芥川賞と直木賞は、同じ組織によって同じ日に発表されるので、混同してしまう方も多いかと思います。

違いがわかると、今後の読書の選書にどちらの賞を参考にすれば良いかわかるのではないかと思います。

 

2020年下半期の「芥川賞・直木賞の受賞作品」が決定しています。

 

2020年上半期の「芥川賞・直木賞の受賞作品」が決定しています。

タイトルとURLをコピーしました