【クライムノベル10選】話題の犯罪小説

クライムノヴェル

話題のクライムノヴェルを中心に、数年内の注目作品をまとめています。

骨太でハードボイルドながら読み応えのある作品が多くあります。

ミステリー要素を含んだ小説も多く、ミステリ好きにもおすすめです。

【クライムノベル】犯罪小説一覧

「頬に哀しみを刻め」 S・A・コスビー(著)

https://amzn.to/4cn6xO4

アンソニー賞、マカヴィティ賞、バリー賞 受賞作

このミステリがすごい!2024年版【海外編】第1位

<ハヤカワ>ミステリが読みたい!2024年版【海外篇】第3位

殺人罪で服役した黒人のアイクは、出所後、庭師として働いていたが、ある日、息子が殺害されたと警察から知らされる。。アイクは犯人探しに乗り出すが!?・・

2022年クライムノベルで話題を呼んだ「黒き荒野の果て」著者の最新作

https://amzn.to/45ySL8A

「黒き荒野の果て」は、このミステリがすごい!2023年版【海外編】でも第6位。

最新作は「すべての罪は血を流す」です。

すべての罪は血を流す(原題:ALL THE SINNERS BLEED) (ハーパーBOOKS)
すべての罪は血を流す(原題:ALL THE SINNERS ...

 

「愚者の街」 ロス・トーマス(著)

https://amzn.to/3KVrRhC

<ハヤカワ>ミステリが読みたい!2024年版【海外篇】第1位

このミステリがすごい!2024年版【海外篇】第4位

1976年の「The Money Harvest」と1985年の「女刑事の死」で、2度のエドガー賞(MWA)に輝くクライム・ノヴェルの巨匠の大作

暴力と騙し合いの壮大なサーガ

母を亡くし、父と2人で上海に渡ったダイ。南京路での爆撃で、父親も亡くす。。 やがて成人したダイは、米国秘密情報部でエージェントとしての活動に従事する。しかし、何者からに陥れられ、情報部も解雇になる。そして、腐敗する南部の街をさらに腐敗させ、再興させるという仕事を始めるが!?・・

最新作は「狂った宴」です。

狂った宴
狂った宴

 

「爆弾」 呉 勝浩(著)

https://amzn.to/4cs0TtR

[2023年版] このミステリがすごい!【国内編】第1位

2020年日本推理作家協会賞「スワン」をはじめ、「おれたちの歌をうたえ」などの傑作を執筆している著者の新刊

東京、秋葉原。連行された酔っ払いの中年男の予言通り、廃ビルが爆発する。その男によると、「ここから三度、次は一時間後に爆発します」とのこと。警察は爆弾魔を止められるか!?・・

 

「テスカトリポカ」 佐藤 究(著)

https://amzn.to/45B2v2f

第165回(2021年上半期)直木賞 受賞

骨太ハードボイルド・クライムノヴェル

メキシコの麻薬カルテル、ジャカルタ、川崎などが交錯しながら進む話にグイグイ引き込まれます。メキシコ・アステカ文明の神話が絡みつつ!?・・

 

「マリアビートル」 伊坂 幸太郎(著)

https://amzn.to/4erd0t3

[2022年] 英国推理作家協会(CWA)賞【翻訳部門】最終候補作

ブラッド・ピット主演で映画化の原作

邦題:「ブレット・トレイン」(原題:BULLET TRAIN)

東京発盛岡行きの新幹線の車内で交錯する狙う者と狙われる者。。殺し屋どうしの心理戦。物騒な奴らを乗せた東北新幹線は疾走する!・・ 殺し屋達の娯楽小説。

 

続編「777 トリプルセブン」も発売されています。

https://amzn.to/4eB2WNZ

 

「夜に生きる」 デニス・ルヘイン(著)

https://amzn.to/4cteBfT

[2013年] アメリカ探偵作家クラブ(エドガー)賞 受賞作

禁酒法時代末期のボストン。ギャングの手下ジョーは、強盗に入った賭博場でエマと出会う。恋に落ちる2人だが、エマは対立組織のボスの情婦だった・・やがて起きる抗争の中で、若者を待つ運命は!? 激動の時代を生きるギャング達の生き様。。

「ミスティック・リバー」の著者が描くアメリカ裏面史

 

「11月に去りし者」 ルー・バーニー(著)

https://amzn.to/4cuMOf5

英国推理作家協会賞(CWA)イアンフレミング・スチール・ダガー 受賞

2020年 翻訳ミステリー大賞 受賞作

ロードノベル要素も備えたアメリカン・クライムノヴェル。アメリカ・ニューオリンズからラスベガスを経由し、LA(ロサンゼルス)へ!?

読了レビューをページ下部に記載しています。

 

「7月のダークライド」が最新作になります。

7月のダークライド (ハーパーBOOKS)
7月のダークライド (ハーパーBOOKS)

 

「はなればなれに」 ドロレス・ヒッチェンズ(著)

https://amzn.to/3XxTZ27

このミステリがすごい!2024年版【海外篇】第17位

傑作青春ノワール

22歳の前科者スキップとエディは、夜間学校で、天涯孤独の17歳の娘カレンと出会う。2人は、彼女が身を寄せる未亡人の屋敷の金を奪う計画を立てる。プロの犯罪者仲間を計画に加えるが、歯車が狂いはじめ!?・・

 

「ザ・ボーダー」 ドン・ウィンズロウ(著)

https://amzn.to/3XyAvKx

このミステリがすごい!2020版【海外編】第3位

クライム・ノヴェルの帝王ドン・ウィンズロウの骨太小説です。

「犬の力」「ザ・カルテル」に続くメキシコ麻薬戦争3部作の最終章です。

 

ウィンズロウの最新作は、シリーズ最終章の「終の市」です。

終の市 (ハーパーBOOKS)
終の市 (ハーパーBOOKS)

 

「老いた殺し屋の祈り」 マルコ・マルターニ(著)

https://amzn.to/3VNLTAZ

イタリア映画界の脚本を手がける著者のイタリアン・クライムノヴェル

還暦を過ぎた殺し屋。イタリア中部の町に向かう途中、列車内で襲ってきた男の連れに見覚えがあるが!?・・

11月に去りし者 【あらすじ&レビュー】

「11月に去りし者」 ルー・バーニー(著)

ルーバーニー3.5

作者のルー・バーニーは、クライムノベルの大御所エルモア・レナードの影響を色濃く受けているそうです。

あらすじ

物語は、1963年のニューオリンズを舞台に始まります。

ケネディ大統領が暗殺された1963年11月、主人公は実在したニューオリンズの犯罪組織のボス「カルロス・マルチェロ」から逃げなければいけない状況に陥る。

懇意にしていたラスベガスのギャングのボス、「ビッグ・エド・ツィンゲル」のところへ向かうが・・

レビュー

ロードノベル、クライムノベルとして、まあまあ面白かったです。

思った以上に車で移動の行程での話(時間?)が中心で、完全なロードノベルだと感じました。ダラス、テキサス、ヒューストンなど

ニューオリンズでの出来事を皮切りに、車で西へ向かう主人公とそこに絡んでくる母娘との出会いと恋愛。追っ手の殺し屋の存在。三者三様。

ニューオリンズのギャングのボス「カルロス・マルチェロ」は、ケネディ暗殺の黒幕という説もあり実在

先行き見えない感じは良く、サスペンス的な面白さもあります。

ただ、中盤から展開が多くない割には、終盤の展開まで少し冗長かな!?とも思いました。

ダイナー、モーテル、ジャズなど黒人ミュージックの話題も所々にあり、アメリカ作家らしい(文脈など)雰囲気を感じる作品でした。