【海洋・船上ミステリ】おすすめ10冊

海洋船上ミステリ

海洋冒険ミステリのおすすめ小説をまとめています。

近年の新刊から古典的名作まで掲載しています。

海洋ミステリ

「名探偵と海の悪魔」 スチュアート・タートン(著)

名探偵と海の悪魔
英国推理作家協会スチール・ダガー賞候補 英国歴史作家協会ゴー...

英国推理作家協会スチール・ダガー賞候補

[2023年版] このミステリがすごい!【海外編】第4位

2020本格ミステリ・ベスト10で第2位を獲得した「イヴリン嬢は七回殺される」でデビューした作家の第2作目。

17世紀、バタヴィア(インドネシアの首都ジャカルタ)からオランダへ向かう東インド会社の帆船。航海中に起こる怪事件は悪魔の呪い!?・・

 

「乗客ナンバー23の消失」 セバスチャン・フィツェック(著)

乗客ナンバー23の消失 (文春文庫 フ 34-1)
大西洋を横断する豪華客船で母と娘が忽然と姿を消したーー。消え...

ハヤカワ「ミステリーが読みたい!2019年版【海外編】第3位

ドイツ人作家による海上ミステリーデビュー作

伏線が多く、先の読めない航海ミステリ。ニューヨークまでの逃げ場のない豪華客船内での殺人事件・・

ドイツのページに読了レビューも記載しています。

 

「遭難信号」 キャサリン・ライアン・ハワード(著)

遭難信号 (創元推理文庫)
アイルランドの小さな町でハリウッドの脚本家を目指すアダム。恋...

謎解きを楽しめる衝撃のサスペンス

アイルランドの小さい町で脚本家を目指すアダム。海外出張に出かけた恋人のサラが音信不通になってしまう。。アダムは恋人を追い、地中海クルーズ船に乗り込むが・・ 千以上の客室がある豪華客船で予想外の真実が暴かれ!?--

 

「ブラッド・クルーズ」 マッツ・ストランベリ(著)

ブラッド・クルーズ 上 (ハヤカワ文庫NV NVス 25-1)
スウェーデンとフィンランドを毎日往復する大型クルーズ船バルテ...

北欧のバルト海での船上ミステリ

北欧のバルト海を往復するフェリー。大勢の客を乗せ運航しているが、船上で惨劇が起こる!?・・ 外界から孤立した船上で起こるミステリ。

 

「タイタニック号の殺人」 マックス・アラン・コリンズ(著)

タイタニック号の殺人 (扶桑社ミステリー コ 1-2)
タイタニック号の殺人 (扶桑社ミステリー コ 1-2)

タイタニック号の華やかな社交の場で起こるミステリ

登場人物全員が実在の乗員乗客!

1912年4月、「運命の日」前夜の船上で殺人事件が起こる。推理作家フットレルは事件解決に調査を始めるが!?・・

 

注目!「鈍色幻視行」 恩田 陸(著)

鈍色幻視行
恩田陸の新たなる代表作。 『鈍色』『夜』の二冊が組み合わさっ...

「蜜蜂と遠雷」で本屋大賞を受賞した作家の最新作

船上ビブリオ航海ミステリ

謎と秘密を乗せて、長い航海が始まるーー

小説家の蕗谷梢は、夫の雅春と共にクルーズ旅行に参加する。そこには、呪われた小説と言われる「夜果つるところ」の関係者が一堂に会している。船上では、漫画家ユニット、映画プロデューサーなどが、取材に応える。そして新事実や新解釈が出てくるが!?・・

併せて読みたい関連小説の「夜果つるところ」も発売されています。

 

「密航者」 ジェイムズ・S・マレイ(著)

密航者 (ハヤカワ文庫NV)
連続殺人事件の陪審員を務めたマリアは休暇を取って船の旅へ出る...

船上ミステリ

連続殺人事件の陪審員を務めたマリア。休暇をとり、船の旅に出るが、船上で次々に人が殺され!?・・

 

「運命の時計が回るとき ロンドン警視庁未解決殺人事件特別捜査班」 ジェフリー・アーチャー(著)

運命の時計が回るとき ロンドン警視庁未解決殺人事件特別捜査班 (ハーパーBOOKS)
運命の時計が回るとき ロンドン警視庁未解決殺人事件特別捜査班...

巨匠、ジェフリー・アーチャーの英国警察小説シリーズ最新作

ロンドン警視庁のウィリアム・ウォーウィックは、スコットランドヤード警視総監への道を突き進。そんな彼が休暇で乗った豪華客船で、老大富豪が死体で見つかる。ウィリアムは、真相究明に乗り出す。一方、留守をする同僚達は、5件の未解決事件の再捜査を始め!?・・

 

「憐れみをなす者」 ピーター・トレメイン(著)

憐れみをなす者 上 (創元推理文庫)
憐れみをなす者 上 (創元推理文庫)

修道女フィデルマシリーズの第8作目

修道女フィデルマが巡礼船の事件を捜査する!?・・

7世紀アイルランド、王の妹で弁護士の修道女フィデルマは、巡礼の船旅に出る。

その船で、巡礼の一員の修道女が行方不明に。海に落ちたと思われていたが、船室には血だらけの衣が!?・・

 

「ナイルに死す」 アガサ・クリスティー(著)

https://amzn.to/3VJWYBY

アガサ・クリスティの船上ミステリ

ナイル川をさかのぼるクルーズ船の客室で殺人が発生。エキゾチックなエジプトの風景と共にポアロが犯人を暴き出す!?・・

バカンス気分も味わえる船上ミステリー

 

「名探偵と海の悪魔」あらすじ&レビュー

名探偵と海の悪魔4.5

17世紀、オランダ東インド会社のザーンダム号の航行中に起きる怪事件!? 出航前から起きる不吉な事件と次々に起きる事件は悪魔の仕業!?過去の出来事も絡めながら進む本格海洋ミステリ小説

レビュー

骨太の本格ミステリという感じで面白かったです。

航行中の怪事件を起こす悪魔の正体や<愚物>と言われる積荷の中身など多くの謎があり、グイグイ引き込まれます。

17世紀初頭の魔女狩り最盛期など、村八分や不信の感覚が根強い時代背景や過去の出来事も絡めつつ。

《17人会》とは、オランダ東インド会社の最高議会で、世界的にも最も権力があったらしい..

オランダ東インド会社でのそれぞれの立場や豊富なキャラクターと共に、悪魔の正体が全くわからない感じです。

プロットが緻密で飽きさせない展開でした。

名探偵と海の悪魔

客室の位置など、船体のどの箇所で事件が起きているかわかる挿絵があります。

後半になってくると先が気になる怒濤の展開となります。

悪魔の正体も意外性があり、ミステリとしても海洋冒険小説としても、ちょっとした歴史系小説としてもおすすめだと感じました。